リバウンドの原因は子供時代に⁉︎ やけ食い衝動は深呼吸と1杯の牛乳で防げる♪

——こまめにストレスを発散させていると、やけ食いのような暴走が防げそうですね。牛乳はどうしてなんでしょう。
「脳のエネルギーとなるたんぱく質を補給するためです。脳はストレスで負荷がかかると、カロリーを消費します。エネルギーを補うことで、脳の動きがスムーズになり食欲の伝達機能も正常になる可能性があるんです。
また単純に、胃の中にたんぱく質を含んだ水分が入るので食欲が落ち着きますね。牛乳を飲んでから食べるようにすると、早い段階で満腹感を得やすくなりますよ」

どうしてもの時はナッツを食べて

「こまめなストレス発散」「たんぱく質の補給」がやけ食い防止には効果的だったんですね!深呼吸と牛乳!さっそく今日から試してみます♪
「それでもどうしても食べたい時は、たんぱく質を豊富に含む食べ物をチョイスしてください。ナッツなどを選んでもいいですね」と大森先生からアドバイスをいただきました。
思い込みダイエットがあれば、食欲もこわくありませんね!

大森篤志先生 プロフィール

一般社団法人 全国行動認知脳心理学会 理事長 大森篤志氏
行動・心理の専門家。内閣府男女共同参画社会に賛同し国家プロジェクト「働き方改革・女性活躍推進」に関わる講師としても活動。人間の「行動・認知・脳・心理」に関する最新の学術研究データ等を取り入れた独自サポート技術を個人法人問わず提供し、医師・経営者・士業などの専門職からも高い評価を得ている。


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる