これは知らなかった!バラの花は贈る本数でそれぞれ意味があった!

愛情を表現する意味で贈られるバラの花。
実は贈る本数によってそれぞれ意味があるのって知っていましたか?

これを知らずして、バラを贈るべからず!

早速、その意味についてご紹介いたします。

【バラの本数の意味】

1本で「一目惚れ」「私にはあなたしかいない」

2本で「この世界は私とあなただけ」

3本で「告白」

4本で「死ぬまで気持ちは変わらない」

5本で「(あなたに出会えて)心から嬉しい」

6本で「お互いに敬い、愛し、分かり合おう」

7本で「密かな愛」

8本で「あなたの思いやりや、励ましに感謝します」

9本で「いつも一緒にいよう」

10本で「かわいい、完璧だ」

11本で「最愛」

12本で「つきあってください」

13本で「永遠の友情」

15本で「ごめんなさい」

20本で「感謝」

21本で「君だけに尽くすよ」

24本で「一日中いつも思っている」

36本で「覚えているよ」

40本で「真実の愛」

44本で「変わらぬ愛を誓う」

50本で「恒久」

99本で「永遠の愛」

108本で「結婚して下さい」

365本で「毎日恋しくてたまらない」

999本で「何度生まれ変わってもまた貴方を愛します」

花言葉はよく聞きますが、バラには本数でも意味があったんですね。知りませんでした。

今度告白やプレゼントをする際は、この本数を参考にバラの花束を贈ってみてはいかがでしょうか?

【引用元】

https://www.facebook.com/


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる